実印の素材は?

実印を作る場合には、やはり捺印しやすい素材のものを利用して作成することがベストだとされています。
そもそも実印に出来るハンコというものは、何気に制限をされているからです。
ゴム素材のような熱や年数によって変形したり劣化してしまうような素材では、実印としては役所が認めてくれないケースがほとんどですから、気をつけるようにしましょう。
一番実印の素材としてベストとされており、多くの方が利用をしているのは、象牙です。
印鑑の中でも、実印や銀行員などで用いられる素材であり、印鑑の素材の中でも最高級の素材として扱われているものになります。
実際に朱肉をつけて捺印する場合のインクの馴染みというものも抜群で、落としたくらいでは変形や破損もしないような耐久性の高さも相まって人気の高い素材になっています。
また象牙の場合、さまざまな易学において、幸運を招く素材だとされており、健康長寿や家業繁栄などが期待出来るとされています。

印鑑の詐欺に注意!
しかしながら、こういったものに絡めた宗教系の詐欺も存在しますから、相場の値段というものをしっかりと把握しておき、あまりに高額なものは手にしないようにすることが重要です。
次に有名な印鑑の素材としてはオランダ水牛です。
象牙の場合には真っ白い従来の印鑑らしい見た目なのですが、オランダ水牛の場合、淡く美しいアメ色をしており、グラデーションが掛かっている見た目に非常に美しい印鑑になります。
耐久性に関しても象牙に劣らず、ちょっとやそっとの衝撃では破損や変形をすることはありませんから安心です。
そして捺印性ですが、これも象牙と負けず劣らずインクの馴染みがよく、しっかりとした印影が描けるとして近年では見た目の美しさと共に実印用の素材として、よく使われるようになっています。
他にも黒水牛といったものもスタンダードであり、特に真っ黒な見た目は男性を中心として人気のある素材となっています。
上記の動物の角を用いたものとは違い彩樺などの木材を用いたものもあります。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »