手掘り印鑑のメリット

実印というものは、唯一無二のものである必要があります。
簡単に模造品を作れるようなものであれば、自身の大事な資産を一瞬にして失うこともあり得るということなのです。
各自治体に登録申請をすることが前提となってきますが、それでもやはりデザインというものを重要しなければなりません。
そのため、ちょっとコストは掛かることになりますが、手掘りで実印を作成するといったことがベストな選択と言えるでしょう。
彫刻機などのマシーンを作成した場合には、どうしてもコピー品が作りやすい状況になってしまいます。
しかしながら手掘りの場合には、職人さんが1つ1つを丁寧に製作していきますから、細かな注文も対応してもらうことが可能です。
例えば篆書体と古印体のミックスのようなものも作成することが出来ますし、文字の1つを敢えてかすれさせるようなデザインにするといった注文を出すことも可能です。

実印の必要性。さまざまなシーンで使います

公正証書を作成する際や金銭に関してやその他の賃借証書を作成する場合にも、実印というものが必要になってきます。
更に各契約書や不動産の取引に関して。
遺産相続や法人の発起人として登録をする場合など、人生における非常に重要な場面において使用することになるのです。
もしもこういったシチュエーションにおいて、あなたの実印が悪用されたらどうなるかは想像がつくことでしょう。
だからこそ、機械掘りではなく、人の手を使った手掘りの実印が効果を持つのです。
一般的に安価と言われている白ラクトという素材であれば、2000円前後のコストで作成することが可能なのですが、これが手掘りになった場合、12000円前後のコストが掛かることになります。
プラス一万円のコストが掛かることになりますがそれでも実印としての効果をもたらすには十分だといえますし、安価なコストと言えるでしょう。

  1. 赤パール…1万2000円
  2. 黒水牛…1万8000円

オランダ水牛では、2万2000円前後のコストで手彫のオリジナル実印を作成することが可能です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »